スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃にPS2版 

まず基本的には原作と同じ
自分は追加されたシナリオ以外はさらっと流して読んだが、気づいた変更点はバラバラの死体を運ぶところの表現にカットされた部分があったくらいか

選択肢が追加されたが、それによって大きく話が変わるということはない
原作で基本的似に共通する部分の話を進めている段階で選択肢が出てきて、後半部分でどの話に分岐するかが決まる
なので、たとえば鬼隠し編で途中で圭一が過ちに気づいてハッピーエンド、などの選択の余地はない


追加された憑落し編はひぐらしらしさが良く表現されていたと思う
祭囃し編の代わりに追加された澪尽し編、こちらも悪くはなかった
ベースは祭囃し編と同じで、ラストもあまり変わりはない

何が違うかといえば深く語る部分の違いで、
原作は最終的な犯人の生い立ち、事件の動機などを語って敵役の魅力を引き立てるところを深く書いたが
反面、主人公サイドの話はあまりなく空気扱いという人もいる
PS2版は逆に主人公圭一が一番活躍する話かもしれない、最終的に原作の赤坂のポジションも圭一が担当する
そしてこちらは犯人サイドの話は大幅にカット

どちらがいいかは好みのレベルだろう
自分個人の感想は原作のほうが好みだ
まずPS2版で犯人サイドの話が削られたことが残念
ここがないと最終的に敵がボロボロになって最後に語る話の重さが違う
あとは演出の仕方として原作はあのはじけた表現を見た瞬間から話をエンターテイメント、コメディとでもいうか、そういう風に爽快に見ることができた
だがPS2版はさすがにやりすぎな感じがある、そしてそれが真面目にやってるように見えるからちょと萎える
羽入の話の絡み方が原作と違うところだで、原作でウザいと評判を聞くが自分はそうでもなかったがPS2版は確実にウザい


PS2版で追加されたボイスやCGは原作の0の状態からを考えると良い変化
CGも鉈女や人形を渡すシーンなどきっちりある、欲を言えばもう少しCGが欲しいシーンもあるが
水鉄砲でのバトルのシーンがどんな感じに燃える表現がパワーアップするのかと期待してたので残念



まとめ
面白いビジュアルノベルがプレイしたいなら問題なし
ひぐらしのなく頃にをプレイしたいなら原作がオススメ
表現の仕方が違うだけの結論がほぼ同じ話なのであえて原作プレイヤーがPS2版をサイドプレイする価値は感じない

感想終わり。

スポンサーサイト

原作ひぐらしのなく頃について思ったこと 

PS2で発売されたひぐらしのなく頃に
同人作品として発売されて月姫以来のヒット作品となった本作
発売日は今日なので自分はPS2版はまだプレイはしていないが、PC版原作をプレイした時の感想と今思うことを、今回良いタイミングなので書き流してみる


軽度のネタバレあり、注意

まずはあらすじ
本作は問題編4作と回答編4作で構成される、最初に鬼隠し編からスタート

物語の始まりは殺人シーンから始まる
正確には何かを振り下ろす音とそれが食い込む音
推理モノ、怖い、などの評判は聞いているわけで
よしよし、やってやろうじゃないかと気分が上がる


主人公は前原圭一は都会から物語の舞台である田舎の村、雛見沢に引っ越してくる
序盤は平凡な田舎の学校での生活がメイン、しばらくは平和ボケした村の風景

ある日主人公は友人と、計画が凍結されたダム工事跡で宝探しという名のごみ漁りに付き合うことに
そこで古い週刊誌を見つけて、少し耳に挟んだ話、バラバラ殺人についてのことを確かめるために友人には秘密に家に持ち帰って読んでみることにした
その週刊誌には友人達が話してはくれなかった村の昔にあった出来事、秘密を知ってしまう
そのことを友人にそれとなく聞いてみても、怖いくらいに即答で「ないよ」と言い切られてしまう、わからない、なぜ?

それでも日常は些細な変化を飲み込む、だが雛見沢ではそれを許してはくれない
毎年ある夏祭りの日に、ここ何年か毎回行方不明者と死亡者が一人ずつ発生し
それは今年も例外なく、最初に主人公にバラバラ殺人があったことを知るきっかけになった人、とその恋人が異常な死に方で発見される
主人公はそれを町の刑事大石に聞かされて知ることができた
大石の考えは数年続く祭りの日に起こる事件は村全体の仕業だと考えている人間であり、引っ越してきたばかりの主人公に簡単なスパイの真似事を頼む

ここから物語りは大きく変化
いままで日常だったものは、友人達には話せない秘密を持った時から見える景色が違ってくる
村の黒い歴史、友人達個人の秘密、連続殺人の犯人、いつもと微妙に違う友人達、わからない、わからない
そしてついに命の危険を感じるまでに、なぜ自分が?、わからない

最初の物語の結末は結局主人公が死亡して終わる
最悪の事態を予想していた主人公が残しておいたメモには最後にこう書かれている

「どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません。」
「これをあなたが読んだなら、その時、私は死んでいるでしょう。死体があるか、ないかの違いはあるでしょうが。」
「これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。それだけが私の望みです。」


自分はあまり感情移入はできずに、第三者の目で見てしまうことが多い
だがひぐらしのなく頃には違った

わからないことが多すぎて、自分の殺される理由もわからない
それでも、絶対に真相を暴いてみせる、それだけが自分にできる殺された主人公のためにできることなのだからと
既に原作者の術中に嵌っていることも気づかずに・・・


重度のネタバレあり注意

続きを読む

カドゥケウスZをプレイして思ったこと 

カドゥケウスをプレイしての感想の蛇足、それとゲームについて思ったとこを色々と



最初にカドゥケウス、ゲームらしいゲームだ
NDSの強さや脳トレブーム、NDSの考えを発展させたwiiの順調なスタート
ゲームは変わった、終わったと嘆く人もいる、だがそうだと決め付けてゲームから離れてしまうのはまだ早い
目立ちはしないが、ゲームらしいゲームは確実に存在する
本編をクリアするだけでも一苦労、ハイスコアなどを目指さなくても歯応え十分
カドゥケウスはそういうゲームだ
ファイナルファンタジーのような綺麗で豪華なものがゲームらしいゲームと思うのなら、それとは違うけれど



カドゥケウスはリアリティがないと言う人がいる
外科医の主人公は魔法のほうに時間の流れを遅れさせ
その主人公が手術をする患者はギルスという未知の病気、寄生虫に蝕まれている
リアリティはない、自分もそう思う
だがそれは必要な、カドゥケウスが面白いと思うに必要なことだろうか

では想像してみよう、リアリティ溢れる医療現場手術ゲームを
まず手術をするには医者でなくてはダメだ、なので最初は知識を得るために勉強から始めないといけない
面倒くさいと思ってもこれは必要なことだ、習うより慣れろの気持ちで手術できるほど人の命は軽くない
手術は簡単な盲腸の手術から何時間もかかる大手術まで様々だ
省略してもいい手順はない、主人公の汗にも気を使い、看護士に汗を拭くように指示しながらリアルでは自分の汗は自分で拭く
大手術も最初から出来るわけではない、つまらなくても盲腸などの簡単な手術を何度も経験してからになる
失った命は戻ってこない、光のようなスピードで常にオートセーブだ

極端な話だがつまりはこういうことだ
さて、もしカドゥケウスがリアリティを追求していたら、ゲームとして楽しいものだったろうか
自分は勉強は好きではないので、手術を始める前のちょっとの説明で何をすればいいのか分かるカドゥケウスがいい
簡単な手術は数回で満足、色々な手術を手軽に楽しみたい
でもリアルに何時間も汗を流しながらの手術はカンベン、さくっと少しの時間で終わりたい
一度クリアした手術は何度も繰り返して、前の手術より、さらに完璧な手術にしたい

たしかにリアリティがゲームの面白さに繋がってくるゲームもある
だがカドゥケウスにリアリティを持ち込むと面倒なことばかりが増えてしまう気がするわけで
なんちゃって手術アクションかもしれないが、ゲームとしてはそちらが面白い


ゲームに演出はどうでもいいとは言わない
鈴木爆発のようにシュールに訳も分からず爆弾を解体しても、それはそれで面白いが
てか、なぜ鈴木爆発を思い出したかといえば、カドゥケウスのステージでメスとピンセットとレーザーで爆弾を解体するステージがあったのだけど
そのステージをプレイして鈴木爆発を思い出し、無性にwiiでプレイしたくなってきた
たぶん患者が爆弾に変わるだけで、やってることはカドゥケウスとあまり変わらないと思う、実際そうだし
でもプレイしてみたい、爆弾をもっと解体してみたいのだ
このようにシチュエーションが違うだけで凄くプレイしたくなってくる、演出とは大切だ

しかしカドゥケウスに一番大切なのは、演出も大切だが一番はストレスなくリトライできるか、これに尽きる
そこは製作スタッフもちゃんと分かっているようで、リトライは楽だし、ボイスなどの演出も過度に使用せずにピンポイントで使ってくるだけ
これが無駄に演出に凝ってボイスはフルボイスでスキップできないなんてことをしたら、もう最悪
せっかく集中して手術という芸術作品を創っているところをボイスなんがで中断されたりしたらもうブチ切れものだ、天才外科医の気分が台無しである
ぶっちゃけスコアラーはハイスコアさえ出せれば演出がどうだろうと一人で勝手に盛り上がるのだ、過剰な演出などいらない
実際5分や10分程度の制限時間だが、それでもやり終えたときは気持ちが疲れきってしまう、本当に人の生死がかかわっているわけでもないのに

いや演出も大切なんですけどね
それぞれのゲームのよいところを引き出す演出なら大歓迎だ、逆に良いところを潰してしまう過剰演出はいらない

カドゥケウスZ 2つの超執刀 

ドラマチック手術アクション、止まることなく減っていく患者の命の灯火を消さないように


最初に、カドゥケウスはNDS版があり、自分は未プレイ
ボリュームは十分、スコアアタックに燃えるゲームなので見た目以上に長く遊べるか

まず、手術といっても本格的なものではない
普通の手術もちゃんとあるが、序盤以外はギルスという未知の病気、寄生虫を除去するのがメインになってくる
シミュレーションよりはゲームとしての作り

グラフィックは綺麗、だがグロテスクにはならずに良い感じ


難易度設定アリ、またプレイ中にステージ単位で変更可能
1ステージ5~10分で手軽にプレイ出来る
クリアした後は5段階で評価され、1ステージの丁度いい長さやリトライのしやすさからスコアアタックに燃える!
単純に難易度ハードでクリアするだけでも結構な難しさ
ポインタが緊張と興奮で画面上で震えているのが自分でも分かるほどに、うまく出来たときは最高に気持ちいい

さらにロードはストレスなく、手術中のセリフはモチロン、手術をしないストーリーを進めるだけの会話もワンボタンでスキップ可能
まさにスコアラー仕様の作りだ

ストーリーは勿論あるがベタな作りか、ボイスなどは手術中に演出としてピンポイントに少し喋るだけで基本はテキストのみ
特別面白いものでもないが、ワンボタンできっちりスキップしてくれるので気にもならない

リモコンの操作は振り回す動作はなく、ポインタ機能をメインに使うため落ち着いてプレイできる
wiiっぽさは確かにあまりないがゲームとして十分楽しめるので問題ない


まとめ
グラフィックはグロテスクではなく、手術もシミュレーションじゃなくゲーム
wiiで落ち着いてプレイできるゲーマー向けゲーム、イージーで手軽にやるのもいいけど
オレの執刀はレボリューションだ!!!

感想終わり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。