スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔 

wiiリモコンを剣にして戦う、一人称視点アクションRPG



基本は街の門から冒険するマップを選び、マップの一番奥まで進んでボスを倒してステージクリア、これの繰り返し
そして操作はwiiリモコンだけで行う
ゲームとしては、街、フィールド、バトル、この3種類に分かれる


まず街での操作、これはかなり快適である
リモコンの十字キーで方向転換、ポインタとAボタンで調べる、メニューは1ボタンか画面右下に表示されているメニューボタンを調べるで表示
と、wiiリモコン単体で不便がないように考えられている
正直この操作でいくつもの街を探索したいくらいにストレスはない
なので街というものが一つだけなのが残念

次にフィールドでは、基本的に前進あるのみ
分かれ道が出てきたらどちらに進むかを選択して、また前進あるのみ
街のように自由な探索ができないのは残念
前進以外の出来ることは、道中にある草や岩などの調べることの出来るオブジェクトをポインタで調べるくらい

最後にメイン、バトル
基本的にバトルはwiiリモコンを振り剣で敵を切り、敵からの攻撃はポインタを画面に向けて盾で防ぐ
難易度はどちらかと言えば低い、RPG要素として装備やレベルもあるのでクリアできないことはまずありえない
ステージクリア時にはスコアと評価が表示されるが、これは強い武器や防具、レベルが高いだけでは評価を上げることができないのは良い



そのほか
ストーリーは一応程度にあるが、メインはアクションなので味付け程度
ボリュームはクリア後のおまけ要素含めて10時間くらい
キャラの台詞やムービーが飛ばせないのは結構イライラ
ミニゲームが結構面白い、のに途中でリセットができないのは残念



メインのバトルについて、浅い感想は上に書いたが、詳しい感想を書くと

まず、このゲームもwiiリモコンの振り方で斬り方を変えることが出来る
縦に斬れば縦に、横に斬れば横に、斜めなら斜めに、突きなら突きに・・・
なのだけれど、やはりこれがwiiの限界なのか、wiiリモコンはボタンを常に上に向けておくことを制限される

これはどういうことかといえば、リモコンのボタン面を横に向けて横斬りをしても、ゲームでは縦斬りになってしまうのだ
ヌンチャクをつけないことで動きやすいのに、結局ゲームに正しく認識させるための小振りな動きになってしまう

たしかに慣れると自分の思い通りに認識させることは出来るようになる、だがそれでは剣を振っている「体感」はまるでない
それと突きは絶対に思い通りに出せない、絶対なんて使うくらいに出せない

ポインタロックというシステムで、必ず剣の斬った軌跡の中心が通る点(必中)をポインタで決めることが出来る
これでシステム側がどう認識しようが、wiiリモコンを好きなように振って攻撃を当てることも出来るが、やはり体感には遠い


ゲームデザインとしては、後半に行くほど、これは剣神ではなく盾神ではないのかというほどにポインタを使った盾の操作ばかりが忙しくなる
というか、攻撃と防御の時間の割合が防御寄り過ぎる

相手がガードや遠距離攻撃を行ってくるようになると、こちらとしては盾による防御以外やることのない完璧な待ち時間である
この時間が結構長い、このせいでバトルのテンポが悪い
特定の攻撃を盾でガードすると相手が怯み、その時限定でダメージが与えられるというのは間違っている


攻撃がまともなダメージでなくとも、斬った回数で必殺剣のゲージが溜まる、これは盾によるガードでも溜まるところが救い
必殺剣は発動するとwiiリモコンに特定の操作を要求する
これはリモコンを立てろだったり、○や∞のようにリモコンを動かせという感じ
で、∞に動かせと指示される必殺剣で肩を痛めた
制限時間以内に、出来るだけエネルギーを溜める必要があるので適当にもできず必死だからだ
ゲームデザイン的に、ボス戦などは本当に攻撃のチャンスが少ないのでなおさら頑張るしかない




まとめ
剣を思い通りに操るには修行が必要、突きが出せたら剣神認定
思い通りに斬れる=剣で斬っている体感から離れていく
剣神ではなく盾神

感想終わり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/106-2bfda47a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。