スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオハザード アンブレラ・クロニクル 

まず、本作品を初めてプレイしてみて感じることは難易度の高さだ
雑魚のゾンビは雑魚と言い切れない強さを持ち、ボス戦では素早く正確な射撃技術が要求される
コンテニューせずに初見でのクリアはかなり難しい、自分は最初から最後までコンテニューの嵐だった

それでも、道中は敵の配置を覚え、それに合った武器の選択をしていけばかなり楽になる
逆にそれが出来ない初回プレーの難易度は恐ろしく高いということだ
ボス戦はパターンどうこうよりも、プレイヤースキルがモロに影響するので、何度も挑戦して頑張るしかない
一応、難易度設定は3段階ある、どうしてもダメなときは難易度イージーをオススメする


クリアランクが出るので、繰り返し挑戦する動機にはなる
だが、ジリジリとした演出としてのスクロールの遅さがうざったくなることも
攻撃チャンスが少ないボス戦などで長期戦になるのもダレる原因

また、クリティカルヒットになるポイントの小さく、難易度を上げる原因とともに気持ちよさを減らしている
ゾンビのクリティカルポイントが、「頭」ではなく「額」というのはどうなのかと
ヘッドショット=首から上=クリティカルだと思っていると痛い目をみることになる
ゾンビの「頭」を撃っても、そこが「額」でない場合は当たった弾の影響で首の角度が変わるだけで怯みもしない


バイオハザードアンブレラクロニクルでオリジナルストーリーのウェスカー編などは面白い
逆にバイオハザード0、1、3をベースとしたストーリーは、本作品だけで理解しようとするには無理がある
元々バイオハザードファンに向けたゲームだとするなら問題でもないが


全体のボリュームは多くも少なくもといったところ
繰り返しプレイすることよりも、難易度の高さによる進行の遅さがボリュームを多く感じさせるか



まとめ
はっきり言って難しい
道中は覚えることでなんとか、ボス戦は気合で頑張れ
ゾンビの空気読めなさは異常

感想終わり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/132-eae00d23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。