スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マブラヴ(オルタネイティブ含む) 

 まず初めに、マブラヴは『マブラヴ』と『マブラヴ オルタネイティブ(以下オルタ)』は二つのパッケージに分けられているが、話としては繋がっている物語であり、出費は大きいが二つを最後までプレイすることオススメする。
 順番は『マブラヴ』が最初で『オルタ』が次になる。『オルタ』が終わったあと、再び『マブラヴ』をプレイしてみるのもいい。『マブラヴ』単体では考えなかった感想が、『オルタ』をプレイしたことで新たに出てくるものもあるだろう。



 それでは最初にマブラヴのストーリーから。

 まずはエクストラ編。こちらは超王道学園アドベンチャーというジャンルに偽りなく、毎朝起しに来る幼馴染や許婚、メガネの委員長など王道をおさえたものになっている。騒がしくも平和な学園生活を過ごしながら、主人公は恋愛をしていく。

 次にアンリミテッド編。主人公が今まで生活していた平和な世界とは全く違う世界で目覚めるところから物語は始まる。その世界とは、もしも主人公が平和に暮らしていた世界の歴史が役半世紀前から違っていたら、具体的には地球外生命体によって人類が滅亡の危機に晒されている世界となる。そこでは元の世界では学校だった場所が軍の基地となり、教師だった者は教官に、ヒロインたちは訓練兵となっている。
 主人公は最初、戦争することが当たり前の世界を狂った世界と言って認めずに、元の世界に戻ることを目標として、一訓練兵としてヒロインたちと生活を始める。だが、戦争が当たり前の世界で育ったヒロインたちとの交流を重ねるうち、今主人公がいる世界の人類を救いたいという目標を新たに見つけることになる。

 最後にオルタ編。アンリミテッド編の記憶と技術を持ったまま、もう一度主人公は最初に狂った世界で目覚めた日付と同じ日に目覚める。ループしたわけだ。
 原因は分からない。ただ、前の世界で人類を救えなかった悔しい記憶が強く残っている。そして主人公は人類を救うという使命を、今の世界では初日から強く願う。
 主人公は前の世界で一度経験したことを活かし、未来を変えようとする。最初のうちは一度経験して結果を知っているアドバンテージのおかげで、望みどおり未来は変わっていく。しかしその結果当然であるが、前の世界では経験したことのない事件などが起こるようになり、主人公は手探りでまた成長していくことになる。



 では感想を。最初にエクストラ編。
 メインヒロイン二人、サブヒロイン三人。メインヒロインのルートは最後の最後が少し違うのみで、実質一人分、というより二人で一つの話を作っている。アニメなどの受動的な媒体ならば良いが、能動的に話を『選択』できるゲームとして考えると良いとは言えない。
 サブヒロインのルートは個別に話として独立していて、主人公がヒロインたちと仲良くなって喧嘩して互いに一皮剥けるのを見るのは楽しい。少し展開が似通っているのが気になる点だが、メインヒロインルートの丸々同じよりはマシだ。最初にヒロインたちが主人公を好きになる理由と主人公がヒロインたちを好きになる理由がうまく書かれていないのも残念。


 次にアンリミテッド編
 一応選択肢によってヒロインの個別エンディングが用意されているが基本は一本道。最後の最後に少し分岐する程度。
 オルタをプレイした後なら、無理やりにでも分岐が必要なのは分かるのだが。それにしては中途半端すぎる。
 個別ルートがアンリミテッド編にはないので、最後に選んだヒロインとの別れのシーンに重さがない。
 全体的に面白い話ではあるが、『恋愛』という部分が弱い。


 最後にオルタ編。
 こちらも基本一本道。選択肢によって途中の会話が少し変わっても、エンディングには変化なし。
 全体的に『燃え』なシチュエーションは多数用意されているが、『萌え』なシチュエーションは『燃え』と比べるとほとんどない。

 オルタ編の話の流れは単純で、主人公がヘタレて、それを周りの頼れる先輩たちが助けて覚醒する~の繰り返しだ。
 自分は中二なので、あまりヘタレを見ているのは好きではない。燃える展開のギャップとしてヘタレが必要なのは分かるが、何度も繰り返されると、しだいにヘタレな部分はテキスト斜め読みになってしまう。
 主人公が成長しきってしまうと、周りの頼れる先輩たちのありがたい言葉が聞けなくなってしまうので仕方ないのだけれど。しかし、途中から『まだお前には説教が足りないのか』という気分になってくる。せめて最後くらいは成長しきったカッコいい主人公が見たかった。
 
 アンリミテッド編と同じく、全体の中で『恋愛』という部分が軽いというのも残念。
 どんな状況だろうと無理やり恋愛しろとは言わない。しかし、主人公の全人類を救うという目的と同レベルの目的として愛というものが存在すると思うのだ。それなのに、軽くていいのだろうか。
 エクストラ編で恋愛や平和の成分は十分だと考えているのかもしれない。狂った世界の対比として平和な世界は確かに成功している。サブヒロインたちも十分にキャラが立っている。ただ、メインヒロインルートが二人で一つであり、他のキャラと比べて弱い。
 少しネタバレになるが、ヒロインたちが主人公のことを忘れてしまうという場面がある。そのとき自分はサブヒロインの一人が主人公を忘れた時凄く悲しかった。だが、メインヒロインが忘れる場面はそれほど悲しいとは思えなかったのだ。好みというものもあるだろうが。



 まとめ
 文句ばかりを書いている気もするが、それでもマブラヴをオススメできるのか、それともできないのかで別けるならオススメできる作品だと考える。
 まず、燃える話としては最高レベルだ。燃えるシチュエーションまでの展開と演出は素晴らしい。
 先輩たちのありがたい言葉も、とても考えさせられるものがある。戦争が当たり前の世界に住む人間の言葉だが、平和な日本で暮らしていてる人間にも通用する言葉ばかりだ。
 これらの要素が、上で言った不満以上に素晴らしい。全年齢版も発売されているので、時間があればぜひプレイしていただきたい。
 
 元気になれる、いい話です。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/174-952792d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。