FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドスティールとおどるメイドインワリオの第一印象 

レッドスティールからまず感想
プレイしたのはまだ初期の段階まででチュートリアルのようなモードをクリアした段階
基本のFPSパートはスティックで移動してポイントで狙って射撃
wii本体の感想で言ったポイントのずれが痛い、慣れるまで大変
HPがダメージを食らっていない時間が一定以上あると全快する仕様なのでそんなにはゲームオーバーにはならない
チェックポイントが細かめにある気がするのでリトライも楽
刀を振れるのは基本ボスパートの時のようで残念
左手の剣はヌンチャクを敵の剣の攻撃に合わせて振ると弾くことが出来る
この動作は機敏に反応してくれる
攻撃用の剣は振ったあと少しのタイムラグのあとにコントローラーと同じように振る
剣をコントローラーと同じ軌道に振るために負担が大きいのか知らないが残念で仕方ない
FPSパートはポイントさえ慣れるか修正できれば最高に殺りやすそうではある、疲れるけど
無駄にコントローラーをひねって持つと銃も横に構えてくれてカッコよかった


おどるメイドインワリオの感想
始めると最初に利き手などの設定を聞かれて同時にmiiも登録しないといけない
後で変更が出来るようだけど、自分はmiiは触らなかったので初期に入っているものから選んだけれどゲーム中に結構出てくるので気になるなら変更するといい
ゲームはばかばかしさと真剣さの丁度いい、いつもの配分
いろいろと持ち方を指示されるが条件を満たしていれば指示通りである必要はまったくない
だけれどもここはあえて指示に従って遊んでみる、そのほうが気分も上がる
アシュリーが出てきたのに歌わなかったのが信じられない
その代わりにメガネっ子が出てきたのでまあよしとする


第一印象終わり
次はカドゥケウスとゼルダをプレイ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/25-0ad87270

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。