スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カドゥケウスとゼルダの第一印象 

まずはカドゥケウスの感想
ゲームを開始すると少しの会話の後にすぐに手術になる
最初の手術はどこをどうすればいいかを指示されてその通りにやるとクリアとなる
少し話が進むと指示が出なくなったが一回やったことのある処置をもう一度やることなので問題なく、逆にハイスコアを目指す時は会話なんてないほうがいい
一つ一つは短く、Sランクを目指すと自然と早くなるのですぐに終わる
感動したのはリトライの早さ、ハイスコアを目指す人間の要求することをしっかり分かっていると思った
コントローラーの使い方に激しく振るようなことはなく、今のところはポインターとして使っているくらいなのだけれど何も問題は感じない、ゲームとして普通に面白いし
話を進めるだけのプレイをしていたならもっと先に進めたと思うけど最初からハイスコアを取ることに夢中になってしまったために序盤で終了
ハイスコアを狙っていると、よくいる天才気取りの外科医の気分をモロに味わえる
今のところwiiのソフトの一番の当たり



次にゼルダの感想
ゼルダのシリーズはぶっちゃけると触るのはこれが初だったりする

購入理由としてはwiiには剣のアクションが合うんじゃないかと思ったからで
そんな人間の感想を

まずやはりリモコンに反応してリンクが斬るのは楽しい
レッドスティールのようにFPSではないので特にリモコンの振り方(縦とか横)などを真似しないぶんなのか反応は非常によい
また主観で見ているとき以外はポインタで視点を動かしたり出来ない、しないので、画面に常に向けている必要はないので疲れもしない
そもそもGCに出す予定のソフトをwiiに対応させたという話を聞くソフトなのであまりwiiのコントローラーの機能を使い切ってやろうみたいな楽しさ、逆に言えばうるさくない
コントローラーの振りの感度もいいので面倒なら少し振るだけでも攻撃してくれる
そのときにコントローラの先が画面を向いている必要はない
そのときの気分、テンションしだいで軽くやるか思いっきりやるか
自分はボスやザコのいっぱいいるところでは結構思いっきり振り切ってみたりしたが、道中にザコがポツンといるときなどは軽く振って倒していた
wiiのコントローラを振るのを強要はあまりしてこないが、振るのがどうしても面倒なら任天堂のオンライン販売のGC版をやるといいかと
音の質はどうとは言えないけれど色々な時に手元のコントローラーから反応するのは結構楽しい



とりあえず発売日に買ったソフトの昨日一日のプレイでの感想おわり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/26-2bf7345c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。