スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃にPS2版 

まず基本的には原作と同じ
自分は追加されたシナリオ以外はさらっと流して読んだが、気づいた変更点はバラバラの死体を運ぶところの表現にカットされた部分があったくらいか

選択肢が追加されたが、それによって大きく話が変わるということはない
原作で基本的似に共通する部分の話を進めている段階で選択肢が出てきて、後半部分でどの話に分岐するかが決まる
なので、たとえば鬼隠し編で途中で圭一が過ちに気づいてハッピーエンド、などの選択の余地はない


追加された憑落し編はひぐらしらしさが良く表現されていたと思う
祭囃し編の代わりに追加された澪尽し編、こちらも悪くはなかった
ベースは祭囃し編と同じで、ラストもあまり変わりはない

何が違うかといえば深く語る部分の違いで、
原作は最終的な犯人の生い立ち、事件の動機などを語って敵役の魅力を引き立てるところを深く書いたが
反面、主人公サイドの話はあまりなく空気扱いという人もいる
PS2版は逆に主人公圭一が一番活躍する話かもしれない、最終的に原作の赤坂のポジションも圭一が担当する
そしてこちらは犯人サイドの話は大幅にカット

どちらがいいかは好みのレベルだろう
自分個人の感想は原作のほうが好みだ
まずPS2版で犯人サイドの話が削られたことが残念
ここがないと最終的に敵がボロボロになって最後に語る話の重さが違う
あとは演出の仕方として原作はあのはじけた表現を見た瞬間から話をエンターテイメント、コメディとでもいうか、そういう風に爽快に見ることができた
だがPS2版はさすがにやりすぎな感じがある、そしてそれが真面目にやってるように見えるからちょと萎える
羽入の話の絡み方が原作と違うところだで、原作でウザいと評判を聞くが自分はそうでもなかったがPS2版は確実にウザい


PS2版で追加されたボイスやCGは原作の0の状態からを考えると良い変化
CGも鉈女や人形を渡すシーンなどきっちりある、欲を言えばもう少しCGが欲しいシーンもあるが
水鉄砲でのバトルのシーンがどんな感じに燃える表現がパワーアップするのかと期待してたので残念



まとめ
面白いビジュアルノベルがプレイしたいなら問題なし
ひぐらしのなく頃にをプレイしたいなら原作がオススメ
表現の仕方が違うだけの結論がほぼ同じ話なのであえて原作プレイヤーがPS2版をサイドプレイする価値は感じない

感想終わり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/52-66bf0b55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。