スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gears of Warがリアルな理由 

Gears of Warの感想で、部下への指示が三種類だけで存在理由が薄い気がすると書いた
だが良く考えてみると簡素で細かい指示のできないGears of Warの命令はリアルな空気を作る一つの要素なのかもしれないと思った
たしかに考えてみれば当然だ
作品の舞台は常に敵の弾が頭上を飛び交う戦場であり、冷静に作戦を考えることのできる前線基地ではない


Gears of Warはリアルさを追求したゲームだ
それは映像のリアルさもあるが、それ以上にプレイヤーが操作できる状態にあるときにリアリティを感じさせる工夫が多い

ゲームは違うがwiiのバーチャルコンソールで星のカービー夢の泉の物語をプレイした
カービーの楽しさは色々あるが、一つによく反応してよく動くことがある
ダメージを受ければカービーの状態を表す部分に「いて」っと表示され、ゴールした時のボーナスジャンプで境目ギリギリのときは足をばたつかせてよじ登る
良いゲームというのは、このように一回では気づかないかもしれない、省略してしまうかもしれない細かいところをちゃんと変化、反応させるよう出来ている
よく動きよく反応すればそれだけプレイヤーはゲームに対して何か感じるのだ
Gears of Warもよく反応する
敵と撃ち合っている時、敵の頭を上手く打ち抜いた時、リロードがうまくいった時、、、
そうやって自分が操作していること、そしてそれで得た結果に「反応」があるとやはり気分も上がっているしリアリテというか戦場っぽさを自分は感じた

ゲームにリアリティを持たせるものは綺麗なムービーではない、大切なのは細かな反応なのだ
逆に綺麗なムービーを流してしまうからこそ、その作品の世界がゲームっぽく感じてしまうことの原因になることもあると思う
たとえばムービーシーンではカッコよくジャンプして華麗な技で敵を倒す主人公
だが実際の操作ではジャンプはできないし華麗な技もない
そうなるとその細かいギャップがリアルさをなくしゲームをゲームっぽくしているのではないか
その点Gears of Warはそのようなギャップはほとんど感じなかった


ゲームっぽいゲームが悪いとは言わない、自分は好きなほうだ
だが、もし表現能力の上がった次世代機で映画的なリアルなゲームを作るとしたら
Gears of Warはかなり完成されたゲームであり、これから同じ方向で作成されるゲームの一つの目標となる
そういうゲームだ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://787487821099.blog83.fc2.com/tb.php/61-4ef2b162

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。